設備機器 お問い合わせ



今やすっかり日常的な素材として、生活に溶け込んでいるプラスチック。1868年にアメリカのJ.W.ハイアットが 発明したセルロイドのビリヤード球が、プラスチックの歴史の扉を開けました。以来、それまで身近にあったものが このプラスチックに代わり、あるいはその素材特性を生かした製品が生まれ、今日も素材革新の研究が続けられています。
こうした素材の更新化には、新素材の開発もさることながら、加工メーカーの果たした役割を見逃すことはできません。 北村製作所はプラスチックの総合加工メーカーとして多業種、多分野の製品を製作。これからもユーザーニーズに十分応えるために、 確かな加工技術の開発を推進していきます。
平成不況の出口を未だ見出せない日本において、近年さまざまな隙間産業が浮沈していきますが、いかなる時代であっても、ものづくりこそが 国力の基盤であることに変わりありません。この思いが我が社の技術力の源となっているのです。
代表取締役社長 北村 正発

会社概要
商号 株式会社 北村製作所
所在地 岡山市中区桑野511-17
TEL 086-274-2222
岡山市北区富田412-1
TEL 086-223-5049
目的 1) 各種合成樹脂製品の加工並びに販売
2) 前項に付随する一切の業務
資本金 2,000万円
決算期 9月末
設立 1) 昭和24年11月(個人創業)
2) 昭和45年5月6日(株式会社設立)
従業員 40名
代表取締役 北村 正発
加入団体名 岡山県プラスチック工業会
取引銀行 中国銀行大供支店

沿革
昭和24年11月 北村啓太郎が大阪市に於いて、合成樹脂の対米輸入業務を端緒として発足。
同時に軟質塩ビフィルムの加工を始める
昭和28年 硬質塩化ビニール板の加工を、岡山市にて開始
昭和36年 この頃より、プラスチック製品の需要も一般化し看板・ディスプレイほか工業用の用途も拡大
昭和45年5月 株式会社北村製作所に改組 資本金300万円 北村啓太郎 代表取締役に就任
昭和46年 自動車用プラスチック製品の<試作>を手がける
昭和56年1月 資本金600万円に増資
昭和58年9月 北村 正発 代表取締役に就任
昭和60年2月 資本金1000万円に増資
昭和63年10月 資本金2000万円に増資
平成3年9月 岡山市桑野に新社屋建設
平成8年11月 マナリス株式会社 設立(化成品販売)